会社概要/よくあるご質問

  • ホーム
  • 会社概要/よくあるご質問

profile「売りたい」から相続、離婚まで。地元不動産のことなら何でもご相談ください

地域密着の不動産サービスをご提供する【やまや不動産】。かすみがうら市、土浦市エリアを中心に、地元業者ならではの情報力を活かしたスピーディーな不動産売却をご提案しています。遠方にお住いの方はオンライン相談もご利用いただけますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。最短で当日査定・即日買取も可能です。こちらでは当社の会社概要と、よくある質問をご紹介しています。

会社概要

会社名 株式会社やまや不動産
代表取締役 山田 泰輔
所在地 〒315-0052 茨城県かすみがうら市下稲吉1868-1
事業内容 不動産売買仲介
不動産買取・販売
不動産任意売却・競売代行
不動産コンサルティング
宅地分譲
リフォーム・リノベーション
損害保険代理業(あいおいニッセイ同和)
TEL 0299-56-4677
FAX 0299-56-4678
営業時間 10:00~18:00
定休日 毎週水曜日、年末年始、GW、夏季休暇
設立 令和2年9月
免許番号 茨城県知事免許(1)第7385号
所属団体および保証協会 (公社)全日本不動産協会
(公社)不動産保証協会
(公社)首都圏不動産公正取引協議会加盟
(公社)東日本不動産流通機構
役員数・従業員数 2名・1名(計3名)、うち宅地建物取引士2名
取引金融機関 常陽銀行神立支店、筑波銀行千代田支店、水戸信用金庫神立支店、茨城県信用組合神立支店
対応エリア 茨城県かすみがうら市・土浦市を中心に、石岡市、小美玉市、阿見町周辺に対応しています。
上記に該当しないエリアでも対応できますので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談 お問い合せフォームより24時間受付中です。
  • 会社概要
  • 会社概要

外観・内観

アクセスマップ

外部リンク集

profileよくあるご質問

やまや不動産について

Q1.営業時間について教えてください。
A1.当社の営業時間は10:00~18:00となっております。なお毎週水曜日は定休日となっておりますのでご了承ください。また年末年始、GWをはじめ、夏季もお休みをいただく期間がございます。これらの時期には、お早めにお問い合わせいただきますとスムーズです。
Q2.不動産に関わることなら、どのようなことでも相談に乗ってもらえるのですか?
A2.はい、もちろんです。「不動産を売りたい、買いたい」というご相談だけでなく、たとえば相続した不動産のお悩み、離婚時の財産分与、空き地・空き家についてなど、当社では幅広いご相談をうけたまわっております。弁護士・司法書士といった専門家との連携も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。
Q3.売りたい不動産はかすみがうら市周辺ですが、自身は遠方に住んでいます。相談できますか?
A3.

ぜひ、当社にご相談ください。ご来店が難しい場合は、Zoomなどを使ったオンライン相談にも対応可能です。オンラインで担当者の顔を見ながらお話いただけます。当社代表はかすみがうら市・土浦市エリアの情報に精通しておりますので、地域密着業者の強みでお客様の不動産売却をサポートさせていただきます。
やまや不動産が多くのお客様に選ばれている理由

査定についてよくあるご質問

Q1.不動産売却って何からはじめたら良いのでしょうか?
A1.まずは「どのくらいの価格で売却可能か?」という目安を知るために、査定を受けられることをおすすめします。当社では最短で当日査定も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。もちろん「とりあえず査定だけ」でも大歓迎。その後じっくり検討し、結果的に売却しなくてもまったく問題ありません。
不動産売却が初めての方へ-売却のポイント-
Q2.査定には費用がかかりますか?
A2.いいえ、当社では無料で査定を行っております。費用は一切いただかないため、安心してご依頼ください。簡易的な査定はもちろん、担当者が出張して実際の物件を拝見する現地査定でも、一切費用はいただきません。
無料査定依頼・お問い合わせ
Q3.査定に必要なものはありますか?
A3.

絶対に必要なものは特にございませんが、以下のものをご用意いただけるとよりスムーズに、より詳細な査定を行えます。

不動産の登記簿謄本
公図
測量図
建物の設計図書

また建物のリフォーム・修理記録などございましたら、ぜひ併せてご用意ください。

Q4.不動産査定では何をするのですか?時間はどの程度かかりますか?
A4.物件の所在地、広さ、築年数といった情報のみを参考に査定を行なう「簡易査定」は、最短当日の査定が可能です。また、担当者が出張してより詳細に物件を査定する「現地査定」では、周辺環境や日当たり、建物内部の状態なども含めて多くのポイントを確認し、その上で市場相場も踏まえて査定額を算出します。そのため現地査定には、数日をいただいております。
Q5.かならず、提示された査定額で売却しなくてはならないのですか?
A5.いいえ、最終的な売却価格を決定されるのはあくまでもお客様ご自身です。査定額はあくまでも目安とお考えください。ただし、相場とかけはなれた高額で売りに出せば、長く買い手がつかず、かえって値下げが必要になるケースも多々あります。当社では「この金額であれば、スムーズな売却を叶え、お客様のメリットが最大になるはず」という明確な根拠を持って査定額をお出ししているため、ご参考にしていただけますと幸いです。

売却についてよくあるご質問

Q1.不動産の売却ではどのような販売活動を行うか教えてください
A1.不動産業者が物件情報を共有しているネットワークへの物件登録、当社HP上での物件紹介をはじめ、不動産ポータルサイトへの掲載、折込チラシ、店頭でのご紹介など、さまざまな販売活動を行ないます。周囲に売却を知られたくないという場合は、折込チラシ・HP掲載など知られてしまうリスクが高い方法を除いて、販売活動を進めることも可能です。お気軽にご相談ください。
Q2.高く売りたければ、リフォームをするべきでしょうか?
A2.

リフォームには費用がかかるため、プラスになるかマイナスになるかの判断は難しいところです。当社では、たとえば物件の印象を大きく左右する水回りなど、「クロスだけ張り替えてキレイにする」などの局所的なリフォームをご提案する場合もあります。ただし、それはあくまでもリフォームコスト以上の価値を実現させるためのもの。「リフォームすれば高く売れる」とは限らないため、その判断を含めてぜひ一度当社にご相談ください。

少しでも高く売りたい!【仲介売却】
現金に早く変えたい!【当社買取】
Q3.住み替えの場合、売却と購入はどちらを先に進めるべきですか?
A3.売却・退居から新居購入までの期間があくと、その間の仮住まいが必要になります。そのため基本的には売却と購入のタイミングを揃えるのが良いといえます。ただ、売却金を購入資金に充てる場合は、売却先行で進めた方が良いでしょう。もし早く新居に住むことを優先したいなら、購入先行でも良いかと思います。お客様のご状況、要望により、望ましい売却・購入スケジュールは異なるため、まずは一度ご相談いただけましたら、最適な方法をアドバイスいたします。
その他のお困りごと【住み替え・離婚】

相続、空き家についてよくあるご質問

Q1.そもそも、相続とは何のことでしょうか?
A1.亡くなられた方(被相続人と呼びます)が所有していた財産を、相続人が引き継ぐことを相続といいます。相続人に該当するのは、配偶者、子どもといった親族、また遺言に書かれた人物など。なお基礎控除を超える遺産を相続した場合には、基礎控除を超えた金額に相続税が課税されます。
Q2.相続した不動産を売却するためには、どのような手続きが必要ですか?
A2.相続人が複数名いる場合は、まず遺産分割協議によって「誰が、何を、どれだけ相続するか」を決めなければなりません。そこでどの不動産を誰が相続するのかを明らかにした上で、相続人に不動産の名義を移します。これを相続登記と呼び、この手順を踏まなければ相続した不動産を売ることはできません。登記手続きには専門知識も必要になるため、ぜひ不動産の専門家にご相談ください。
Q3.空き家は固定資産税が高くなるというのは本当ですか?
A3.誰も住んでいない空き家であっても、適切に管理されていれば固定資産税の評価は通常の住宅と同じです。ただし、適切な管理がされておらず「倒壊・破損の可能性がある」「著しく衛生上有害であったり、景観を損なったりする」といった空き家は、自治体から「特定空き家」に指定されます。この指定を受けた空き家は固定資産税の優遇措置適用外となるため、評価が通常の6倍となります。
Q4.放置したままの空き家があります。何か良い対策はありますか?
A4.適切な管理を行わないまま空き家を放置すると、老朽化が進みやすく、資産価値の低下につながります。また破損の危険や、不法侵入・不法投棄、放火といった犯罪を招いてしまう恐れも。固定資産税などのランニングコストもかかり続けますので、「適切な管理をする」「売却する」など、早めの対策をおすすめします。お客様のご希望・ご状況に応じて空き家対策をお手伝いいたしますので、まずは一度ご相談ください。
Q5.相続した空き家・空き地がとても荒れていますが、活用は可能でしょうか?
A5.まずはぜひ、現在のご状況を詳しくお聞かせください。やまや不動産では建物や土地の状態、周辺環境などを詳細に調査した上で、活用方法のアドバイスを行います。遠方にお住まいの方はオンライン相談も可能です。かすみがうら市・土浦市周辺の空き家・空き地に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。
使い道がない!【相続・空き家・空き地】