その他お困りごと【住み替え・離婚】

  • ホーム
  • その他お困りごと【住み替え・離婚】

other家を住み替えたい方、離婚時の財産分与でお悩みの方へ

「住み替えたいけれど、売るのが先? 新居購入が先?」など、住み替え時の不動産売却では何かとわからないことが多いものです。土浦市・石岡市・かすみがうら市を中心に、地域密着の不動産サービスをご提供する【やまや不動産】では、こうしたケースのご相談にも対応し、スピーディーなお悩みの解消をお手伝いしております。

住み替えについて、こんなお悩みはございませんか?

  • 住み替えたいけれど、今の家の住宅ローンが残っている
  • 買いたい物件は見つかっているが、今の家が売れるのか不安
  • 新居の購入が先か、売却が先か、タイミングがわからない
  • 家の老朽化が進んでいるため、なるべく早く住み替えたい
  • 子どもの独立で家が広すぎると感じるようになった
  • 急な転勤で住み替えが必要になった、など

当社には、以上のような住み替えに関するさまざまなご相談が寄せられています。ご要望・ご状況はお客様によりさまざまですが、みなさま共通しているのは「なるべくスムーズに住み替えたい」という点。理想的な住み替えのためには、適切な資金計画や、タイミングの見極めが重要です。

家は「売り」と「買い」のどちらを優先すべき?

家は「売り」と「買い」のどちらを優先すべき?

住み替えを検討するにあたり、多くの方で悩まれるのが「売却と購入のどちらを先にスタートするべきか」という点ではないでしょうか。状況により最適なタイミングが異なるため、「こちらを先にした方が良い」と一概にはいえません。ただ、売却と購入の流れを把握しておくと、ご自身のタイミングを判断する目安にできます。

不動産売却の流れ

一般的な仲介売却は以下の流れで進めます。

▼査定
▼媒介契約
▼販売活動/内覧対応など
▼売買契約
▼引き渡し

不動産購入の流れ

新居の購入は、一般的に以下の流れで進めます。

▼物件探し
▼内見
▼購入契約
▼ローン/支払い手続き
▼引き渡し/入居

「買い先行・売り先行」の特徴

※表は左右にスクロールして確認することができます。

買い先行 売り先行
メリット
  • 旧居から新居に直接引っ越しできる(仮住まいが不要)
  • 新居探しに時間をかけられる
  • 売却金を新居購入費用に充てられる
  • じっくり時間をかけて売却できる
デメリット
  • 旧居と新居のダブルローンになる可能性がある
  • 売却金を新居購入費用に充てられない
  • 仮住まいが必要になる可能性が高い
向いている方
  • 新居購入資金にゆとりがある方など
  • 不動産売却、住み替えが初めての方など

初めての方は「売り先行」がオススメ!

初めての方は「売り先行」がオススメ!

売り先行で進めると、旧居の売値を先に把握できます。そのため購入資金の計画も立てやすく、資金力に合った新居選びにつながります。また買い先行で進めた場合、なかなか家が売れないリスクも伴います。そうなれば二重ローンとなり、多額の返済が負担になる可能性も。こうした理由から、不動産売却に不慣れな方、住み替えが初めての方には売り先行をおすすめしています。

まずは自宅の売却額を知るための「査定」から始めましょう!

現在の住まいがいくらで売れるのか、まずは査定に出してみましょう。

現在の住まいがいくらで売れるのか、まずは査定に出してみましょう。

買い先行、売り先行のどちらを選ぶ場合も、まずは目安として「自宅がどの程度の金額で売れるのか」を知っておくことが大切です。売却額の目安を知ることで、新居購入の資金計画を進めやすくなります。

売却と購入を一社に任せると便利

売却と購入を一社に任せると便利

一社にまとめると、相談・連絡の窓口が一つのためスムーズ。売却と購入のタイミングも合わせやすくなります。

同じエリアでの住み替えなら地域密着型

同じエリアでの住み替えなら地域密着型

旧居の売却や新居探しがスムーズにいくかどうかには、業者の情報力が大いに関わります。同じエリアで住み替えをする場合、その地域に精通した業者なら、情報力を活かした対応が期待できます。

other離婚時の自宅などの不動産ってどうすればいい?

離婚時にマイホームをどうすれば良いのか、悩まれる方は少なくありません。地域密着の不動産サービスをご提供する【やまや不動産】には、離婚時の不動産に関するご相談も多数寄せられています。売却や財産分与のことなど、何でもお気軽にご相談ください。

理由1.スムーズな財産分与のため

離婚時に不動産を売却した方が良い理由とは?

理由1.スムーズな財産分与のため
不動産は、離婚時の財産分与の対象となります。離婚時の財産分与では、夫婦が婚姻生活中に協力して築いた財産を、それぞれの貢献度に応じて分配します。このとき、たとえば戸建て・マンションといった不動産の状態では、分けることができません。しかし、売却して現金化すると、スムーズに資産を分け合えるようになります。

理由2.連帯債務などの関係が解消されるため

理由2.連帯債務などの関係が解消されるため
夫婦で連帯債務、連帯保証によって住宅ローンを組んでいる場合、離婚をしただけではその関係が解消されません。つまり、連帯債務、連帯保証の関係は継続されるということ。そのため「名義人の元夫がローン返済を滞り、連帯保証人の元妻が返済を求められる」といった離婚後のトラブルも珍しくありません。不動産を売って住宅ローンを完済しておけば、こうした関係を解消し、トラブルを防ぐことができます。

理由3.住宅ローンの名義変更が簡単ではないため

理由3.住宅ローンの名義変更が簡単ではないため
たとえば「夫が債務者で、妻が専業主婦」という夫婦が離婚した場合、離婚後に妻がその家に住み続けるためには、住宅ローンの名義変更が必要です。しかし、妻の収入が低い場合は、金融機関に名義変更を認めてもらえません。このように名義変更が難しいケースは多いため、売却して現金で資産を分けることをおすすめします。

離婚時に不動産売却するときの注意点

離婚時に不動産売却するときの注意点

離婚前に不動産を売却すると、離婚後に財産を分けたときに「贈与」となり、贈与税が生じます。そのため売却の良いタイミングは離婚してからとなりますが、あまり時間が経過すると元夫婦間で連絡を取りづらくなったり、一方の気持ちが「売りたくない」と変わったりする場合も。そのため注意点の一つ目は「離婚後なるべく早く売却すること」です。そして二つ目は、住宅ローンの残債が売却額を上回る「オーバーローン」に注意すること。オーバーローン状態では売却額だけでローン残債の完済が出来ないため、不動産を売却することは非常に困難で現実的ではありません。そのため、離婚後もローンを支払い続けることとなり、万一、ローンの返済が滞った場合に「住宅ローン契約における期限の利益」を「喪失」してしまい任意売却が必要になり、その結果信用情報に事故情報が残る可能性もあります。

住み替え・離婚によるお悩みは、やまや不動産へご連絡ください!

住み替え・離婚によるお悩みは、やまや不動産へご連絡ください!

やまや不動産は、地元であるかすみがうら市、さらに土浦市・石岡市周辺エリアに特化した不動産サービスを提供しています。小美玉市、阿見町市の物件にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。地元出身、不動産業歴19年の代表が、住み替え・離婚時の不動産のお悩み解消をお手伝いします。

当社は弁護士・司法書士など専門家とのスムーズな連携も可能です。離婚時の入り組んだご事情でお悩みの方も、ぜひ一度ご相談ください。